Gポイント改悪の裏側と新規会員登録のメリット

【PR】本ページはプロモーションが含まれています。

Gポイント改悪に対処する方法

Gポイントは、株式会社Gポイントが運営するポイントサイトです。

クレジットカードの利用やアンケート回答、ショッピングなどでポイントを貯めることができ、現金やギフト券、電子マネーなどに交換することができます。

しかし、2024年1月18日より、楽天市場でGポイントを利用した買い物でのポイントプレゼント条件が変更されました。

これまでは、Gポイントから楽天市場に遷移後に買い物かごに追加された商品であれば、ポイントプレゼントの対象となっていましたが、改悪後は、Gポイントから楽天市場に遷移後に24時間以内に買い物かごに追加され、かつ89日以内に購入された商品がポイントプレゼントの対象となりました。

さらに、2024年3月31日をもって、GポイントからVポイントへの交換が終了します。

これらの改悪は、Gポイントユーザーにとって不利なものと捉える声も少なくありません。しかし、Gポイントの収益確保やVポイントの利用促進という観点からは、やむを得ない措置であったと考えられます。

では、Gポイントの改悪は、新規会員登録にどのような影響を与えるのでしょうか。

以下でご紹介します。

Gポイントの改悪は、新規会員登録のチャンス

Gポイントの改悪によって、楽天市場やVポイントへの交換が難しくなるため、Gポイントの利用価値が低下する可能性があります。

そのため、Gポイントの新規会員登録は、今がチャンスと言えるでしょう。

Gポイントの新規会員登録では、以下の特典を受けることができます。

  • 入会ボーナス100ポイント
  • 毎日1ポイントもらえるログインボーナス
  • アンケート回答やショッピングでポイントを貯める

入会ボーナス100ポイントは、すぐに現金やギフト券などに交換することができます

また、毎日1ポイントもらえるログインボーナスも、積み重なれば大きな金額になります。

さらに、Gポイントは、楽天市場やAmazonなどの大手ECサイトや、コンビニや飲食店などのさまざまな店舗で利用することができます。

そのため、日々の買い物や生活の中でポイントを貯めることができます。

Gポイントは、まだ十分に利用価値のあるポイントサイト

Gポイントの改悪は、Gポイントユーザーにとって不利なものではありますが、Gポイント自体の利用価値がなくなったわけではありません。

Gポイントは、以下のメリットがあります。

  • さまざまな方法でポイントを貯めることができる
  • 現金やギフト券、電子マネーなどに交換できる

Gポイントは、クレジットカードの利用やアンケート回答、ショッピングなど、さまざまな方法でポイントを貯めることができます。

また、現金やギフト券、電子マネーなど、さまざまなものに交換することができます。さらにポイントの有効期限は、最長で10年と長く設定されています。

これらのメリットを踏まえると、Gポイントは、まだ十分に利用価値のあるポイントサイトと言えるでしょう。

まとめ

Gポイントの改悪は、Gポイントユーザーにとって不利なものではありますが、Gポイント自体の利用価値がなくなったわけではありません。

Gポイントの新規会員登録では、入会ボーナス100ポイントや毎日1ポイントもらえるログインボーナスなどの特典を受けることができます。

さらにGポイントは、さまざまな方法でポイントを貯めることができ、現金やギフト券、電子マネーなどに交換できるため、まだ十分に利用価値のあるポイントサイトと言えるでしょう。

Gポイント